テラヘルツ量子波は老化(体の不調)を解決するのか

更新日:2018年9月19日

老化や体の不調(病気)の原因は生命の設計図であるDNAが活性酸素や紫外線および化学物質などの刺激により損傷し、修復される前に細胞分裂し、劣化したまま間違った情報が受け継がれてしまう現象といわれています。細胞分裂は繰り返し行われるため、これまで発生した損傷・劣化した情報が蓄積された結果、老化や病気につながると考えられています。ここ10余年で多数の修復タンパク質が、量子波からDNAを守る細胞の仕組みの解明が大きく進んでおり、DNAの傷は、修復タンパク質によって元通りに修復されることも明らかになってきています。


閲覧数:111回0件のコメント

最新記事

すべて表示