年齢を重ねるとともに徐々に機能が衰えて起こる多面的な現象です。顔にシミ・しわができ、皮膚がたるみ、足腰が弱くなっていく。外見上の変化だけでなく、代謝回転が遅くなり、体温調節や免疫などの様々な整理機能の低下が起こる事です。

​老化とは!

Aggregation Of Atoms

​人間を構成する元素

わたしたちの身体、

生物を含むすべての物体は、とても小さな粒子である「原子」というものから構成されています。そして、この原子が「分子」とよばれる集合体を形成し60兆個の細胞となり、私たちが見ることのできる様々な物体ができています。

原子が電子を失う酸化が老化の原因

物質の最小の構成素の原子が、活性酸素(パーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素)により電子を失うことを酸化(老化)が起こります。活性酸素は紫外線などにより発生もしますが、主にはミトコンドリアの働きによるエネルギー合成の際に発生します。活性酸素には、殺菌や生理活性などの効果があるますが、増えつずけると、酸化力がどんどん強くなりすぎて無差別になんでも酸化させ、細胞や遺伝子を傷つけ老化や病気の原因となります。

活性酸素による電子を奪う行為。

正常な原子

酸化された原子

一般手な老化の考え方原因

一般的に、酸化(Oxidation)とは、ある物質が酸素とくっつくことをいい、鉄が錆びる、リンゴが褐色になるなど例がありいますが、実際には体の中で起こっている酸化は電子が失われるものです。

水素で還元(電子のやり取り)しているわけではなく」中和している

水素イオンのやり取りとは(酸塩基反応)

一般的には水素の反応において酸化還元反応(電子のやり取り)と酸塩基反応(水素イオンのやり取り)とが混同されていることがありますが、全く別のものです。簡単に言うと酸性・アルカリ性の話で、活性酸素(アルカリ性)を水素イオン(酸性)で中和している事です。一般的には水素が体に良いと言われていますが、実際には水素で還元(電子を与える)しているわけではなく活性酸素を中和して水を生成しています。

テラクレイは酸化(電子が失われる)活性酸素による老化の原因を高濃度イオン(自由電子)で補い還元し、生まれたばかりの細胞へと導くことを目的としています。

活性酸素によって奪われた電子は連鎖反応で次々周辺を酸化していくので酸化(老化)を止めるには電子を補う必要があります

​株式会社 ビューティーエース

お問い合わせ窓口   平日 : 9:30〜19:00  土 : 10:00〜17:00  定休日 日曜・祝日

092-732-3034

Copyright (c) Beauty Ace Company KK. All rights reserved.