​温泉の起源

​Origin of hot springs

Mechanism of hot springs

バドガシュタイン・玉川温泉など世界の有名な温泉保養地

バドガシュタイン

温泉の種類は9種類に分けられます

ホルミシス効果

1.単純温泉

日本の温泉地で一番多い泉質で、全体的に、刺激が少なく体にやさしい泉質。

効能:疲労回復、神経痛や肩こりの緩和、病後療養、慢性消化器病など。

ラジウム温泉

効能:高血圧、動脈硬化、切り傷、火傷、冷え性など。

硫酸塩泉は、別名「傷の湯」とも呼ばれる泉質。血液に酵素を送り込む作用があり、保温効果がありす。

3.硫酸塩泉

バドガシュタイン

効能:血流促進、高血圧、肩こり、神経痛、慢性皮膚病、慢性消化器病など

「ラジウム泉」「ラドン泉」とも呼ばれる泉質で、微量の放射能を含む泉質。呼吸器を通して体内に取り込まれますが、すぐに排出されるため、心配することはありません。

5.放射能泉

玉川温泉

7.含鉄泉

硫酸塩泉は、別名「傷の湯」とも呼ばれる泉質。血液に酵素を送り込む作用があり、保温効果がありす。

効能:貧血、慢性消化器病、痔によいといわれる。

ホルミシス効果

9.炭酸泉

二酸化炭素が湯に溶け込んだ温泉を炭酸泉といいます。血流改善や肌の引き締め効果、冷え性などに効果があるとされています。

効能:疲労回復・筋肉痛・関節痛・腰痛・高血圧・動脈硬化・リュマチなど。

ホルミシス効果

効能:湿疹やアトピーなどの皮膚疾患、切り傷や打撲、肩こり、冷え性など。

温鉱泉1キログラム中の溶存固形成分が1グラム以上で、炭酸水素イオンが主成分の温泉。

2.炭酸水素塩泉

テラヘルツ波

4.硫黄泉

硫化水素ガス特有の「卵のような匂い」がする泉質。源泉や噴気孔に、黄色い硫黄の結晶ができ「湯の花」として活用されています。

効能:慢性皮膚病、高血圧、動脈硬化、肩こり、冷え性緩和など。

マイナスイオン効果

6.酸性泉

Phが低い泉質で、殺菌作用が強く、皮膚を引き締める効能があります。長く入りすぎると、湯ただれを起こす場合があるため、注意が必要です。

効能:アトピー性皮膚炎、水虫、冷え性、肩こり、打ち身、くじきなど。

ラドン

神経痛、関節性リウマチ、冷え症等の症状に効果がある。

海水の成分に似た食塩を含み、塩辛く無色透明の湯です。皮膚に塩分が付着し、汗の蒸発を防ぐため、保温効果がよい。

8.ナトリウム

塩化物泉

湯治とは